vpnux Client 2.1 リリース

vpnux Client 2.1をリリースしました。
下記の修正と調整が行われています。

  • Windowsの一時ディレクトリの場所によって正常に接続できない問題に対応しました。Windowsユーザー名に空白が含まれている場合などにこの現象が発生することがありました。
  • プロファイル設定(詳細設定)でTLSリネゴシエーション間隔(reneg-secオプション)を指定できるようになりました。

OpenVPN/OpenSSLのバージョンアップはありません。その他の機能拡張などは行われていませんので、現状で問題なくご利用いただけている場合はアップデートは必須ではありません。