全般

無料版のvpnux Clientの商用利用について

vpnux Client Standard Editionは商用利用もできます。ただし、下記の条件があります。

  • vpnux Client Standard Editionは無保証です。一切の損害に対して何の責任も負いません。
  • 問い合わせ対応や保守サポートはご提供しておりません(有償でのサポートが必要な場合はお問い合わせください)。
  • ファイルの転載や再配布はご遠慮ください。原則として本サイトから最新版をダウンロードいただくようお願いいたします。社内環境や自社サイトでの配布をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

なお、vpnux Client Business Editionでは上記の条件はございませんので、商用での利用の場合にはぜひご検討ください。

サポートを受けたい

企業向けのvpnux Client Business Editionでは標準サービスとして保守サポートをご提供しています。vpnux Client Standard Editionの場合は別途有償サポートをご利用いただけます。詳細についてはこちらからお問い合わせください。

プラムシステムズ株式会社では、vpnux Clientだけでなく、VPNサーバーを含めたOpenVPNシステムの構築や運用支援のサービスをご提供しています。お気軽にご相談ください。

不具合についてのご報告

Twitterの@vpnuxClientにお知らせいただくか、OpenVPNユーザーズグループにご報告ください。

使い方

「証明書で使用されている署名アルゴリズムが脆弱なため使用できません」というメッセージが表示される

OpenVPN 2.4.5以降、デフォルトではMD5などの脆弱な署名アルゴリズムが使用できなくなりました。セキュリティの観点からは他の署名アルゴリズムで証明書を作成し直すことをお勧めしますが、そのままの証明書を使用したい場合は、プロファイルの設定で許可できます。
プロファイル編集画面の「詳細設定」タブにある「追加セキュリティ設定」の「脆弱な署名アルゴリズムを許容する」にチェックを入れてください。

設定のバックアップを取りたい

vpnux Client Standard Editionの設定データは下記のファイルに保存されています。

C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥vpnuxClient¥app_settings.dat

このファイルをバックアップしておくことで設定を復元できます。