vpnux Client(OpenVPN)を使用するには、接続先となるOpenVPNサーバーが必要です。Linux/WindowsでOpenVPNサーバーを設置するか、OpenVPNを搭載したルーター、vpnux CloudやAzure VPN GatewayなどのクラウドVPNサービスをご利用ください。

メインウィンドウ

定義されたVPN設定プロファイルから選択し、VPNに接続します。

VPN設定プロファイルが未定義の場合は接続できません。まず最初に設定プロファイルを作成してください。設定プロファイルの作成に必要な情報は、VPNサーバーの管理者から取得してください。

プロファイル一覧

定義されているVPN設定プロファイルを一覧表示します。
この画面からプロファイルの作成、編集、削除を行います。

プロファイル作成・編集

「一般設定」タブ

「一般設定」タブでは、接続先VPNサーバーの情報などの基本設定や、認証情報の設定を行います。

「詳細設定」タブ

「詳細設定」タブでは、プロキシ使用時の設定やセキュリティに関連した詳細設定を行います。

VPN接続

接続を開始すると、接続状況が表示されます。

接続が完了すると、Windowsの通知が表示され、タスクトレイにアイコンが表示されます。